ページの先頭です

お仕事のご相談はこちら

コラム

COLUMN

Twitterでシェア Facebookでシェア

#保育士の働き方

作成日 2016/08/31

更新日 2018/02/07

保育士って産休育休ほんとに取れるの?(1)

Q.産休育休って実際、いつから~いつまで?

産休育休とは…

産休(正式名称:産前休業・産後休業)
賃期間:産前6週間(多胎児の場合は14週間)、産後8週間
対象:女性労働者(パート・アルバイト・派遣労働者を含む)
根拠法:労働基準法(第65条)

育休(育児休業)
期間:原則子が1歳に達するまで※保育園に入れない場合などは1歳6ヵ月まで延長可能
対象:男女労働者(勤続1年未満の場合など、対象外となる場合もある)
根拠法:育児・介護休業法

これらは法律で定められた制度なので、
産休育休の申出・取得を理由とする不利益扱いは禁止されています。

ポイントは、上記「対象」のところにある、
パート・アルバイト・派遣労働者を含むという一文。
産休育休は正職の先生のみと思われがちですが、
実は、パートや派遣の先生でも取れるんです。(※規定あり)

育休は、上記のとおり原則、勤続1年以上で、 テンダーの保育園も同様に勤続1年以上の対象となっています。

今年もテンダーでは6名の先生が産休育休を取得して、すでに4名の先生が復帰しています!
派遣の先生も6名の方が、産休育休を取得しています。
テンダーは20年以上の実績があるので、産休育休の実績も多数あります。

妊娠・出産に不安はつきものですが、テンダーなら実績も豊富なので、
体調に合わせた勤務体制などのサポートや書類の手続きもスムーズです。

ちなみに、テンダーの保育園では、
妊娠初期の体調不良に通勤ラッシュを避けた時間帯の勤務や、
シフトの調整なども行っています。
どうしても気分が優れないときには、思いきって休んでもらうこともあります。

正職で働いていると、
「担任だし…絶対に休めない!」
と意気込んでしまう先生も多くいますが、逆に園長から、
「無理せず休んだら?」
と声をかけることもあります。

園長、主任をはじめ、職員みんなでお腹の赤ちゃんを守っていく。
そんな環境の中、お互いさまの精神でサポートしあっています。

妊娠初期の不安定な時期、ストレスや負担は、少しでも減らしたいですよね。

人生の大事な場面を、テンダーもしっかりサポートしていきます。

参考
オリジナル冊子「まるっと解説!」 神奈川県・神奈川労働局

Twitterでシェア Facebookでシェア

関連記事


新着記事


SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!