ページの先頭です

お仕事のご相談はこちら

トピックス

TOPICS

2017/11/06

体験型研修ぴよっこカレッジ│2期 第2・3回実施報告

☆第2回・3回 体験型研修☆
~ぴよっこカレッジ実施報告~

2017年5月28日(日)第2回体験型研修「ぴよっこカレッジ」が開催されました♪
(第1回はコチラ→第1回ぴよっこカレッジ

今回は「手遊び・室内遊び」、グループワークを通して「保育現場の今と昔」「危機管理」「ヒヤリハット」「連絡帳の書き方」を学びました!

まずは室内遊びでウオーミングアップ!
毎回大盛り上がりの「こぶたちゃんゲーム」で体も温まったところで、今回は新たに「猛獣狩りゲーム」に挑戦!
ゲームを通してコミュニケーションをとる中で、みなさんすっかり打ち解けた様子でした♪

身体を動かした後はグループワークで「危機管理」「ヒヤリハット」について学びました。
各グループで、さまざま場所や場面で起こりうる危険な事例などを出し合い、発表!
多くの事例を通して「あらゆる危険性」や「対応方法」などについて学ぶことができました!

「連絡帳の書き方」では、実際の事例を見た後に、みなさんで連絡帳を書きました。
「書き方のポイント」をお伝えし、連絡帳は「親御さんとの大切なコミュニケーションツール」ということを学んでいただきました♪
今回の研修では、「安全な保育」「保護者とのコミュニケーション」の大切さを再確認、再認識できた研修となりました。

【参加者からの声】
・グループ毎にそれぞれの意見や考え価値観を感じられてとても勉強になりました。
・昔と今では求められる内容が少し変化してきている等、保育士としてどんなことに気をつけるべきか学べました。
・連絡帳は成長過程が知れることから取っておく家庭が多いと聞き、心を込めて書いていこうと思った。


続きまして、第3回目となった体験型研修「ぴよっこカレッジ」2017年6月25日(日)に開催されました♪
今回は、NPO法人レックスポーツの中田さん、杉山さんはじめ、なんと!5名の講師の方にお越しいただき、体を動かしながら「運動あそび」、座学で「発達支援」について学びました!

「発達支援」ではベテラン保育士の和氣による、実例を交えた講義を行い、一人一人に寄り添った保育を行うことにより、お子様・親御様との信頼関係も築かれていくということをお話させていただきました。

講義の後はお待ちかね!レックスポーツさんによる運動あそび♪
園児の年齢に合わせた、ぐーちょきぱーを使った遊びを学んだり、でんでん虫、ぞうさん、あんたがたどこさなど、グループ毎に簡単なダンスを創作しながらの遊びも教えていただきました!
運動の合間には「幼児期の運動」についても学び、現状や問題点など新たな知識として深めることができました!

また、簡単な組体操やダンス(初心者でもできるようなもの)巨大バルーンを使っての集団遊びも教えていただきました。
なかなか触れ合うことのできない巨大バルーンに、皆さんも童心に帰って心から楽しんでいる様子でした。

【参加者からの声】
・一人一人の発達にそった支援の重要性を再確認しました。体操は苦手な子にとっては「いやだな」と思うけれど、遊びの中で自然に体を動かすことの楽しさを伝えていきたいと思いました。
・「楽しくていつの間にか身体が動いていた」この言葉に納得し体感できたので実践していきたいと思いました。
・小さなスペースでも十分運動できるということ、楽しみながらこんなにも身体が動かせるということが学べて大変参考になりました。
・今の園はカリキュラムをやらせることが多く、今回のように楽しみながら音楽に合わせて身体を動かしたりと、ゲーム感覚でたくさんのことが経験できることに驚きました。

7月はいよいよ実際の現場に入り保育実習!
その後7/9(日)に第1期最後の研修を行う予定です。次回もぜひお楽しみに!
→保育実習と第4回研修の様子は→コチラ

ぴよっこカレッジへのご応募はコチラ

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!