ページの先頭です

週3日以内

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

掲載期間:{{ job_item.startTime ? job_item.startTime.substr(0, 10) : job_item.startTime }} ~ {{ job_item.startTime ? job_item.endTime.substr(0, 10) : job_item.endTime }}

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job }}{{ job }}
沿線・最寄駅
{{ job_item.station.replace(/\r?\n/g, '      ') }}
施設形態
{{ facility }}
定員数
{{ job_item.capacitynum }}名

{{ job_item.coordinatorReport1Text }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

週3日以内の求人をエリアから探す

よくある質問

どのような働き方が自分に合うのか分かりません。

「わたしの保育」では、正社員・派遣社員・パート・単発保育士など、さまざまな働き方をご提案しています。キャリアアドバイザーがあなたの現在のご状況やこれからのご希望を丁寧にお伺いし、あなたに合った働き方や施設のご提案をいたします。

保育の現場での実務経験がないため、働けるか不安です。

ご安心ください。「わたしの保育」では、経験が浅い方やブランクのある方も安心してご就業いただけるように、保育の現場で役立つ無料の研修を年間をとおして行なっています。まず、研修で自信を付けてから働くことも可能です。ぜひお気軽にご参加ください。

希望する条件に合う求人がありません。

まずはお問い合わせください。「わたしの保育」では、サイトでは紹介していない非公開求人を多数ご用意しております。掲載されている求人に関してご自身のご希望の条件と異なる場合には、キャリアアドバイザーがあなたのご希望をお伺いし、希望条件での就業が可能かどうか施設側に相談いたします。

応募しようか迷っています。個人情報の管理は適切にされていますか。

「わたしの保育」では、応募者の方から頂く個人情報を大切に扱っており、その証として「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご連絡ください。

週3日以内のパート保育士の仕事って?待遇やメリットをチェック

週3日以内で働くパート保育士の仕事は?

家庭の都合などさまざまな理由で週3日以内で働く「パート保育士」は、保育士不足に伴いニーズが高まっています。

パート保育士の業務は、主に正社員である担任保育士のサポートや早番・遅番担当、また保育士資格がなくてもできる「保育補助」が多く、事務的な作業は少ないことが多いのが特徴です。そのためトイレ・食事補助や子どもたちと遊ぶなど、子どもたちと過ごせる時間が比較的多いと言えるでしょう。

週3日以内で働くパート保育士の時給はどれくらい?

パート保育士として働くと、実際の時給はどれくらいなのでしょうか。

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると保育士の短時間労働者の平均時給は1,108円となっており、保育士のニーズが高い都市部の時給はさらに高めになる傾向にあります。

またパート保育士には、派遣会社に雇用され保育園に派遣される「派遣パート保育士」と保育園に直接雇用される「パート保育士」があり、時給や雇用条件なども異なります。例えば「わたしの保育」に登録されている求人情報では、週3日以内の派遣パート保育士の最も高い時給で東京都の保育園1,600円、最も低い時給は千葉県の保育園1,050円です。通常のパート保育士の場合、最も低い時給は変わりませんが、最も高い時給は東京都の保育園1,450円となります。(2020年1月時点)

週3日以内で働くパート保育士のメリットは「自分の都合で働きやすい」

パート保育士のメリットは何と言っても自分の都合に応じたた働き方が可能なことです。

正社員保育士の場合、週5日の勤務であることが多く、中にはそれ以上のケースもあるでしょう。パート保育士であれば自分の都合で勤務日を選ぶことができ、家事や子どもとしっかり向き合う日や、自分の趣味などの時間を確保することができます。

さらにまた週3日以内の勤務であれば扶養の範囲内で働くことも可能となり、世帯全体の所得税を抑えて手取り収入を増やすメリットもあります。

週3日以内でパート保育士として働く場合の注意

基本的に時間の都合がつきやすいパート保育士ですが、場合によっては正社員保育士が少ない「早番」「遅番」などのシフトを入れられたり、人手不足により連絡帳の事務作業などパート保育士の業務として想像以上の仕事を受け持ったりする可能性もあります。戦う勤務先を検討する際には、正社員保育士の数が少ない保育園などには注意し、希望の勤務条件は最初にしっかり伝えましょう。

希望条件に合う週3日以内のパート保育士求人を見つけよう!

勤務先となる保育園を探す場合は、「園の方針」「保育内容」に共感できるか、また勤務における優先順位は給料、もしくはワークライフバランスや利便性なのかなど、何を優先させるのかをはっきりさせましょう。

そのほか小規模園・大規模園など施設形態の規模によっても、パート保育士の役割や仕事内容は異なってきます。納得できる週3日以内のパート保育士の求人を見つけるためには、自分の働き方をしっかりイメージすることが大切です。

「わたしの保育」を運営するテンダーラビングケアサービスは、保育の分野で人材紹介サービスを20年以上続けています。保育士専門エージェントなどを利用し、希望条件に合う就業に向けたサポートが受け、効率よく就職活動をしましょう。

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!