ページの先頭です

実働5時間以内

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ point }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job }}{{ job }}
沿線・最寄駅
{{ job_item.station.replace(/\r?\n/g, '      ') }}
施設形態
{{ facility }}
定員数
{{ job_item.capacitynum }}名

{{ job_item.coordinatorReport1Text }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

実働5時間以内の求人をエリアから探す

実働5時間以内の保育士求人とは?特徴やメリットなどを紹介

実働5時間以内の保育士求人の特徴

実働5時間以内の保育士の求人は、職員が手薄になる時間帯をフォローする目的で募集されることが多いでしょう。具体的には、1日のうち保育園が忙しくなる朝夕や保育士のシフト交代のタイミングなどです。

午前中に5時間以内の勤務をするなら、朝の受け入れからお昼寝の前まで、午後に5時間以内の勤務をするなら、長時間保育や延長保育の時間帯が中心となるでしょう。

もっと限定して、7時半から10時までといった早朝勤務や土曜の朝のみといった募集もあります。自分の生活スタイルや希望に合わせて求人情報を探してみましょう。

実働5時間以内の保育士求人を選択する人の傾向

フルタイムでの勤務は難しいけれど、空いた時間を有効に使いたいという人にとって、実働5時間以内の保育士求人はぴったりでしょう。家事やプライベートと保育士の仕事を両立したいという人におすすめです。

また、長時間勤務は年齢的体力的に不安があるという人にとっても、実働5時間以内であれば自分のペースで無理なく働けます。

実働5時間以内の保育士のメリット

実働5時間以内の勤務は、保育園での拘束時間が短いため、プライベートな時間をじゅうぶんに確保できます。

育児や介護をしなければいけないけれど、保育士としての仕事も続けたいという人にとって、大きなメリットのある働き方だといえます。

実働5時間以内の保育士の場合、シフト制ではなく毎日同じ時間に働く時間固定の求人でもあるケースが多いです。この場合には、仕事以外のスケジュールが立てやすいのも嬉しいですね。

実働5時間以内なら扶養の範囲内で働ける

結婚し夫の扶養に入っている保育士のなかには、税制上の扶養や社会保険の扶養の範囲で働きたいと考える人も多いでしょう。

常勤の保育士として働くと、すぐに扶養の枠からはみ出てしまいますが、実働5時間以内の勤務なら、計画的に働けば一般的に言われる「103万の壁」や「150万の壁」までに抑えることも可能です。

1日5時間で毎週5日勤務すると扶養の範囲を超えてしまうケースが多いですが、1日3時間で働く、1週間の出勤日数を2、3日にするなど、事前に希望する月収や年収を見据えながら働くことで調整することができるでしょう。

実働5時間以内の勤務でワークライフバランスを保つ

実働5時間以内といった短時間の勤務の最大の特徴は、ワークライフバランスを維持しながら働けるという点にあります。

保育園での実働時間が5時間以内であれば、家庭との両立はもちろん、習い事や趣味など充実したプライベートタイムを確保することができるでしょう。

たとえば、早朝から朝10時までの勤務なら、帰りに寄り道をして買い物をしたり、そのまま遊びにでかけたりすることも可能です。

オンとオフを切りかえることで、一日中家にいるときよりもかえって「時間を有効に使おう」という意識が芽生え、毎日生き生きと過ごせるという人も多いでしょう。

このように、ワークライフバランスを保ちながら保育士というやりがいのある仕事を続けられるのが、実働5時間以内の勤務の一番の魅力なのです。

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!