ページの先頭です

保育教諭

保育園教諭とは

待機児童の増加に伴い、幼稚園と保育園が一体となった認定こども園が増えてきています。その認定こども園で働くことができるのが保育園教諭です。お仕事内容は一般的な幼稚園教諭や保育士の業務とさほど変わりません。また基本的に、保育園教諭になるには幼稚園教諭と保育士両方の資格が必要です。しかしなかにはいずれかの資格のみでも応募可能な求人もありますので、担当のキャリアアドバイザーやコーディネーターに相談してみるよ良いでしょう。

特例制度

認定こども園で働ける保育園教諭を増やすために国が期間限定で行なっている特別経過措置が「特例制度」です。簡単に言うと、幼稚園教諭の資格を持っている方が保育士の資格を、保育士の資格を持っている方が幼稚園教諭の資格を取りやすくするための仕組みで、3年かつ4320時間の勤務経験があれば、大学や専門学校・オンライン講座などで8単位を履修するだけで筆記試験が免除されます。

大変なこと

保育園教諭の苦労するポイントは、幼稚園教諭や保育士のそれと大きくは変わりません。どの施設でも書類や行事準備、製作作業は発生します。ただ施設によって「幼稚園の機能を加えた保育園」だったり「保育園の機能を加えた幼稚園」「もとから両方の機能を備えることを目的として作られた施設」など特色がさまざまです。それに伴い給料表も施設ごとに異なってきます。お仕事選びの際は慎重にカリキュラム・保育の内容や条件を確認するようにしましょう。

保育教諭の求人をエリアから探す

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job_item.location }}
  • {{ point }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!