ページの先頭です

保育士

保育士とは

保育士になるには、保育士の資格が必須です。保育士の資格を取得するには、専門学校や短大・大学で所定の課程を修了するか、年に2回行われる国家試験に合格する必要があります。
また幼稚園が文科省の管轄にある教育機関であるのに対し、保育園は厚生省の管轄にある「生活の場」です。そのため比較的のびのびとした雰囲気の園が多いのが特徴と言えるでしょう。子ども一人ひとりの成長のペースを尊重しながら、集団生活の楽しさを子どもが自ら感じられるように促してあげることが大切なことです。園によって個人の成長優先か集団生活優先かのバランスは異なりますので、こだわりのある方は求人を探す際や面接のときにきちんと確認しておくと良いでしょう。

具体的な仕事内容

「保育士」と言われるとどんな仕事を想像しますか?子どもと遊ぶだけが保育士の仕事ではありません。子どもが使うおもちゃや、行事の装飾など製作作業のほか、連絡帳・月案・週案といった書類作業も大切な業務です。例として、大まかな一日の流れを見てみましょう。
開園→園児たちが登園→朝の会→戸外活動→昼食→午睡→おやつ→かえりの会→集団遊び→園児たちの降園と保護者に園児のその日の様子をお伝え。こうした保育の時間の合間に、製作や書類の作業を行なっていきますので、メリハリを付けながらお仕事をするのが大切です。

大変なこと

やはり他の職業と比べると「給料が安い」、「サービス残業」や「有給」が取りずらいなどなど、悩みが尽きないのが本音のようです。また日々の保育業務でも正解のない問題に直面することが多く、連絡帳の書き方一つとっても簡単ではなく「どうやったら保護者の方にわかりやすく伝わるだろう」と悩むこともしばしば。そんななかでも長く続けたいと思えるのは、ふと子どもの成長を感じる瞬間や、保護者からの感謝の言葉をもらうなどのやりがいを感じられる出来事がたくさんあるお仕事だからでしょう。

保育士の求人をエリアから探す

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job_item.location }}
  • {{ point }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!