ページの先頭です

看護師

看護師の役割

保育園看護師の主な業務は子どもの体調管理・けがや発熱の対応・身長体重測定・嘱託医との連携などです。こうした業務以外の時間は乳児クラスの保育に入ります。看護師業務と保育業務の割合は施設によりさまざまで、保育業務がほとんどであることも少なくありません。看護と保育をどの程度のバランスでやりたいかを考えながらお仕事探しをするといいでしょう。

大変なこと

看護師は基本的に保育園に1人しかいないので、悩みを共有できる人がなかなかいないために孤独を感じ、辛い思いをすることがあるようです。ただ、他の職員との連携がうまくとれていれば、1人の方がかえって気楽と感じる方もいらっしゃいます。 また夜勤の勤務がないため、給料が低くなってしまう点はしっかりと確認しておきましょう。

保育園看護師になるには

看護師の資格さえあれば、小児経験などはなくても保育園で働くことができます。基本的に日勤のみで固定時間やパート、派遣での働き方ができる求人が多くあります。そのため病棟で勤務した後、結婚や出産などで夜勤が難しくなった方が保育園看護師として働くパターンが多いようです。

看護師の求人をエリアから探す

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job_item.location }}
  • {{ point }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!