ページの先頭です

午後のみ

{{ res.total }}件中

{{ showlistnum() }}件の求人を表示

NEW

{{ job_item.title }}

  • {{ point }}

  • {{ job }}
  • {{ employment }}
  • {{ job_item.pay }}
  • {{ job }}{{ job }}
沿線・最寄駅
{{ job_item.station.replace(/\r?\n/g, '      ') }}
施設形態
{{ facility }}
定員数
{{ job_item.capacitynum }}名

{{ job_item.coordinatorReport1Text }}

条件にマッチする求人情報はありませんでした。

検索中です・・・

午後のみの求人をエリアから探す

午後のみ勤務の保育士求人とは?特徴やメリットなどを紹介

午後のみ勤務の保育士求人の特徴

長時間保育や延長保育など保護者のさまざまなニーズに対応するため、シフトの遅番を専門とする保育士や午後のみ勤務の保育士など、多彩な保育士の求人が増えてきています。

午後のみを担当する保育士の場合、おおむね14時から15時ごろに勤務を始め、保育園の終了時間の19時や20時ごろまで働くことが多いでしょう。

午後のみ勤務の保育士求人を選択する人の傾向

午後のみ勤務の保育士求人は、午前中に自分の時間を確保したい人が選択する傾向にあります。短時間で効率的に働きたい人や早起きが苦手な人にもおすすめです。

公務員保育士試験の勉強や資格取得などにチャレンジするため、邪魔や誘惑が入りにくい午前中に、集中して勉強したいという人にも、午後のみ勤務の保育士はぴったりの仕事でしょう。

通常勤務の保育士のほとんどは、シフト制を取っていますが、午後のみ働く保育士の場合、勤務時間は一定です。毎日生活リズムが変わるシフト制を苦手とする人も働きやすいでしょう。

午後のみ勤務の保育士のメリット

午後のみ勤務の保育士のメリットは、午前中マイペースでゆっくりと過ごせることです。また、自宅から遠い保育園であっても、早起きしなくてすむのも長所のひとつでしょう。

また、早番、遅番など毎日シフトが変わると体調管理が難しいですが、最初から毎日午後のみの勤務と決まっていれば生活リズムも維持しやすく、心身の負担も軽減されます。

午後のみの勤務で仕事のペースをつかむ

シフト制の場合、早番ならば朝の受け入れなど、中番なら食事介助など、遅番ならお迎えの保護者対応など、とそれぞれの時間帯特有のすべての仕事内容を覚え、対応できるようにしなければなりません。

その点、午後のみ勤務の保育士は、おもに遅番の後半の仕事や延長保育の対応など、基本的に毎日同じ内容を任されます。いつもほぼ同様の仕事を繰り返ししっかりと覚えればいいので、シフト制よりも仕事の勘をつかみやすいです。

いろいろな仕事を少しずつ受け持つよりも、午後のみの保育のプロに徹することで、自分自身も働きやすいですし、同僚や保護者からの信頼も得やすくなるでしょう。ブランクありの保育士でも復帰しやすい勤務形態といえます。

また、まずは午後のみ勤務の保育士として仕事のペースをつかみ、慣れてきたらシフト制で働くというのもひとつの方法でしょう。

午後のみ勤務の保育士は通勤ラッシュと無縁

午後のみ勤務の保育士は、朝の通勤ラッシュに公共交通機関を使わなくてすみます。毎日座席に腰掛けて通勤できることも多く、ゆったりと読書をしたり勉強をしたりと通勤時間も有効に使えるでしょう。

満員電車では辛くて通えない遠方の保育園も、通勤ラッシュに巻き込まれる心配がなければ、転職や就職の際の候補に入れることができ、選択肢の幅が広がります。

SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!