ページの先頭です

お仕事のご相談はこちら

コラム

COLUMN

Twitterでシェア Facebookでシェア

#保育士の働き方

作成日 2016/04/06

更新日 2018/02/07

保育士が仕事と子育てを両立するためのポイント

保育士の仕事と子育ては両立することができるのか?

保育士として働く女性の大きな問題が、子育てと仕事の両立。
保育士の仕事に集中すれば、当然子育てがおろそかになり、かといって子育てを優先すると仕事が......

と、仕事に復職後、どっちつかずな状況にならないようにするために、
ここでは保育士が仕事と子育てを両立するためのポイントについてご紹介します。

保育士の仕事と子育ては両立できるもの?

まず、保育士の仕事と子育ての両立を自分一人ですべて対応するのはとても困難です。
仕事を始めると、家事をできる時間が少なくなります。
そのため、専業主婦と同様に家事をこなしていくのは大変です。
日々のゴミ出し、休日の掃除はご主人に対応してもらうなど家事を分担しましょう。

また、家事を効率よくこなすことも考えましょう。
たとえば、食材は休日に1週間分まとめて購入してその日に調理して、タッパーで冷凍保存。
平日はそれを電子レンジであたためて食べる。
こうすることで何度もスーパーに行く必要がなくなり、日々料理をする手間を省くことができ、
光熱費の節約にもつながります。

その他に、ある程度の家事を妥協することも必要です。先ほどもお伝えしましたが、
専業主婦と同レベルの家事を仕事と子育てを両立しながら行うのは無理があります。
今まで週2、3回行っていた掃除も、週末に1回まとめて行うようにするなど、多少の妥協は必要でしょう。

仕事と子育てをできるだけ両立させるためにやるべきこと

仕事と子育てを両立させるために、最低限行うべきことをご紹介します。

子供の預け先を見つける
職場に子供を連れて行くわけにはいきませんので、子供は保育園に預けましょう。
保育園に預けられなかったという方は、ご両親や家族に預けることを検討すると良いでしょう。

働き方を考える
子供の預け先を見つけたら、次は働き方を考えましょう。
子供の送り迎えの時間を考えると、フルタイムで勤務するのは難しいケースが多いでしょう。
そんなときは、時短での勤務を検討してください。
また、勤務地はできるだけ家や保育園から遠くない場所を選ぶとより良いでしょう。

職場へ子育ての理解を得る
子供は急に熱を出して急遽休まなければいけなくなったなんてことはよくあります。
そんな状況に対して理解のある職場かどうかは、職場選びの際に必ず確認し、
理解のある保育園を選びましょう。

保育士の仕事と子育ての両立はとても大変です。
しかし、いくら仕事が忙しいと言っても子育てにかける時間を短くするのはよくありません。
家事の効率的に行い、家族やまわりの協力を得て、
しっかり子育てにも時間が注げるようにすることが必要です。

Twitterでシェア Facebookでシェア

関連記事


新着記事


SNSをフォローすると、おすすめ
求人情報を受け取れます!